fbpx
ブログ

男性が就活の髪型でワックスなしはだめ?髪型の就活への影響や、セットの方法を徹底解説

おすすめの選考対策 ツールランキング

ES自動作成ツール
質問に答えるだけで、誰でも受かるESが作れます!

面接対策早押しクイズ
面接の前に面接力を測定できます!

SPI対策1500問
絶対に対策しておきたいSPIの無料問題集です!

ES自動添削ツール
コピペした文章をAIが添削して、受かる文章に作り直します!

時事問題テスト(毎月更新)
毎月のトップニュースをテストで確認できます!

【就活を始めたばかりの人おすすめ!】

AI自己分析ツール
準備不要!たったの3分3ステップで自己分析ができます!

AI適職診断ツール
あなたにピッタリの職業が知れる診断です!

大学の間ずっと金髪だった人が黒染めしたり、ロン毛の人がミディアムくらいまでバッサリ髪を短くしたり、身だしなみを整え出したら就活が始まります。

就活を始めると、日本社会では「男性は短髪で綺麗にセットするのが当たり前」という風潮に遭遇するはずです。

でも近年はワックスを付けてセットするよりも、ヘアオイルとドライヤーを使った、さらさらとしたナチュラルセットを好む学生が増えています。

そんなナチュラルセットの学生も、普段髪型などの外見にこだわりがない学生も「就活ってワックスなしじゃダメなのかな」と感じていませんか。

そこで今回は、男性は就活でワックスなしでもいいのか、ワックスなしだとどんな影響があるのかについて解説していきます!

男性の髪型はどのくらい就活に影響する?

就活において、男性の髪型は評価の対象です。そのため就活に大きく影響します。

就活では、履歴書やESの内容はもちろん重要ですが、面接の場では「見た目」がとても重要です。

髪型は、人の外見の中でもすぐに目に入る部分のため、前髪のかかり具合や髪の伸ばし方次第で人の印象は大きく変わります。清潔感があり、整った髪型は好印象を持たれますが、逆に寝癖があったり、顔が隠れる位前髪が長かったりしたら、パッと見で好印象を与えることができません。

また、髪型からは第一印象だけでなく、その人の性格や価値観、生活習慣などもイメージすることができてしまいます。学校によく寝癖のままで来ていた友人を思い出してみましょう。おそらく大体の人は、遅刻ギリギリの時間に学校にスライディングで間に合うような人ではないですか?

髪型はその人のことがよく現れる部分です。採用担当者に注目されている分、就活では評価に影響することを覚えておきましょう!

髪色も就活に大きく影響します!就活でギリギリセーフ髪色が知りたい人は以下の記事をチェック!

就活でも大丈夫な髪色は?就活で推奨される髪色や、派手な髪色で就活したい人がやるべきことを解説 大学には派手な髪色の人が多いですよね。髪を染めることができない高校が多いため、誰もが大学で髪を染めるものです。 でも、就活がやっ...

男性は就活でワックスなしでもいいの?

普段ワックスを使わない人、ちょうど今寝坊して髪をワックスでセットできない人は、就活でワックスなしでもいいのか気になりますよね。

結論からいうと、男性は就活で基本的にワックスを付けた方が良いです。

ワックスを付けないと無条件で落とされるということではありませんが、「高く評価されて内定を獲得したいならワックスをつけるべき」という意味です。就活で好印象と高評価を得るためには髪型が重要なら、その髪型を整えるワックスも重要になります。

また、最近流行りのワックスなしのナチュラルセットは、時間経過や風などで簡単に崩れてしまい、面接会場に着くまでに乱れてしまう可能性があるのでおすすめできません。

ワックスに限らず、ジェルやグリースなどの整髪料を使用して、髪をしっかりと固めて清潔感を維持しましょう。

男性が就活でワックスなしの場合の印象

就活で重要となるのは、第一印象が非常に大切です。

そして、その第一印象を大きく左右するのが、応募者の容姿や服装、そして髪型です。ワックスを使用しない場合、どのような印象を持たれるのでしょうか。

清潔感がない

ワックスなしで髪型が乱れていると、清潔感がない印象を与えかねません。

ワックスなどの整髪料を使用して、髪の毛の動きや流れを整えるだけでも清潔感がでます

清潔感は就活においてとても重要です。あなたも一緒に働く人を選ぶなら清潔感がない人より、ある人の方が良いですよね。清潔感があるだけで、評価されるなら整髪料をつけない理由がありません!

ビジネスマナーがない

ワックスなしで髪が乱れていると、ビジネスマナーがないという印象も与えかねません。

髪型もビジネスマナーの一部です。企業にもよりますが、歴史のある大企業やto Bの企業では、カチッと整えられた髪型を求められる傾向にあります。

特に社員がみな整髪料をつけて、髪型をしっかりと整えている企業を受ける際は、ワックスなしで挑むのは無謀かもしれません。

だらしない

ワックスなしで髪が乱れていると、だらしないと思われる可能性もあります。

就活の面接にワックスを付けてこないというのは、単に身だしなみを整えることを怠っているだけでなく、就活そのものへの準備不足やだらしなさと考える人がいてもおかしくはありません。

もしかすると寝坊してセットしていないのかもしれない、どんな会社なのか調べていないのかもしれないと余計に勘繰られてしまう可能性まであります。

男性の就活での髪型セットの注意点

ここまで読んで、就活にワックスなしで挑む人はいないと思います。そこで次は、男性の就活での髪型セットの注意点を解説します。

注意点は、「ワックス選び」と「セットの仕方」です。

ワックス選び

髪の長さや髪質によって、セットに向いているワックスが異なるため、自分の髪の特徴に合ったワックスを選びましょう。

ベリーショート

ベリーショートの髪型は、短いが故に粗が目立つのでしっかりとしたセットが必要です。

基本的には、ハードタイプのワックスをおすすめします。ハードタイプのワックスは髪の毛に強度とホールド力を与え、一日中安定した形を保つことができます。

ベリーショートの中でも髪質が硬い人は、スーパーハードタイプのワックスまたはハードタイプのジェル、髪質が柔らかい人は、マット(ドライ)タイプのワックスまたはソフトジェルをおすすめします。

ジェルは、より自然な質感や動きを出すこともできるので、参考にしてください。

ミディアム

ミディアムの髪型は、セットの自由度が高くなります。

ベリーショートとは逆で、髪質が硬い人はソフトタイプのワックスやソフトジェル、髪質が柔らかい人にはハードタイプのワックスやハードジェルをおすすめします。

髪が長くなってくると、風などで乱れやすいので仕上げにハードスプレーで固めなおしてください!

ロング

ロングの髪型は就活時にあまりいないはずですが、念の為紹介します。

ロングの人はジェルやジェルワックス、スタイリングオイルがおすすめです。

ただし、特定のクリエイティブ職など以外でロングは就活に不向きなので、一般職を志望の人はロングのまま就活に臨むことはおすすめできません。

セットの仕方

次の注意点はセットの仕方です。セットの仕方次第では、逆に清潔感がなくなってしまったり、表情が暗く見えてしまったりして、評価を下げてしまう可能性があります。

以下のチェック項目を確認してみましょう。

顔が見えるように

顔周りの髪の毛は、顔全体はもちろん、耳や額が隠れないようにセットすることが基本です。 

特に前髪が長い男性は注意が必要で、前髪が顔にかからないように横に流すなどして表情をよく見せ、明るさが伝わるようにしましょう。

ワックス付け過ぎない

ワックスは適量以上使わないように意識しましょう。ワックスを付けすぎると、ベタベタになってしまい、却って清潔感を失ってしまいます。

自分の髪の毛の毛量と、長さに合わせてワックスを使うようにしてください。

奇抜にしない 

就活の場では、奇抜な髪型にセットしないように意識しましょう。

ワックスをつけるのは、自分がしたい髪型をするためではなく、清潔感を出すためです。

清潔感を出すためには、頭のアウトラインを揃え、ぺたっとしない程度にトップにボリュームを出し、前髪をあげるか流して顔がよく見える状態を目指してください。

過度に髪を立ち上げたり、束をたくさん作ったりする必要はありません。

ビジネスシーンに適したスタイルを心掛けましょう。

就活でワックスを付けない男性も最低限やるべきこと

最後に、どうしてもワックスをつけたくない、という人向けに最低限やるべきことを解説します。

また、もし自分でセットできないからやらないという場合は、面接などの就活イベントの前に美容室でプロにセットしてもらうこともおすすめです。

セットが不要な髪型にカットしてもらう

伸ばしっぱなしの髪では、セットなしだと清潔に見せるのがとても難しいです。

そのため、就活にセットなしで挑む場合は、セットがあまりいらない髪型にカットしてもらうことをおすすめします。
ショートカットやクルー・カットなどのシンプルな髪型は、セットを必要としない場合もあります。
このような髪型は、就活を進める上で非常に実用的です。

ワックスを使用せずに整えやすい髪型を選ぶことで、毎朝の準備時間を短縮できます。
また、シンプルな髪型は、多くの業界や企業において好印象を与えるものです。適切なバリカンの長さや髪の長さを美容師に相談し、プロの手でキレイに仕上げてもらうことをおすすめします。

ヘアオイルで整える

ワックスを使わない場合でも、ヘアオイルはその代替として非常に有効です。
ヘアオイルは、髪に艶やしなやかさを与えるだけでなく、乾燥から髪を守る効果も期待できます。特に冬季など、乾燥が気になる季節には、ヘアオイルを適量手に取り、髪の毛全体になじませることで、乾燥から髪を守り、きちんとした印象を保つことができます。

ブローでセットする

ワックスの使用を避けたい場合、ブローによるセットも非常に効果的です。

朝のシャワー後、しっかりと髪をタオルドライした後、ブロードライヤーを使用して髪を乾かしながら整えることで、髪のボリュームや流れをコントロールすることができます

ブロードライヤーの風を、髪の流れや立ち上がりを意識しながら当てることで、自然な髪型をキープすることが可能です。

髪型を決めて第一印象で差をつけよう!

就活における第一印象は非常に重要です。

特に、面接官が求職者を評価する際、見た目の印象がその評価に大きく影響することは言うまでもありません。髪型はその中でも特に目立つ部分であり、清潔感や誠実さを伝える要素として大きな役割を果たします。

適切な髪型を選ぶことで、他の就活生との差をつけることができます。髪の手入れやスタイリングに時間をかけるだけの価値は十分にあります。この一手間があなたの未来のキャリアを左右するかもしれません。

外見の準備だけでなく、内面の成長も忘れずに、最良の結果を追求してください。

ABOUT ME
らくらく就活編集長 TOKU
学生時代にWebマーケティング会社で、ライティングとディレクション業務を経験。 その後個人事業主として他社メディアを複数運営。 大学卒業後、オーダーワークスにジョインし「らくらく就活」の編集長をしております。
 
早押しクイズで楽しく面接対策
 


LINEで友だち追加するだけ!