fbpx
インターンシップ

製薬業界の採用事情とは!?業界の概要やインターンシップの特徴まで徹底解説!

おすすめの選考対策 ツールランキング

ES自動作成ツール
質問に答えるだけで、誰でも受かるESが作れます!

面接対策早押しクイズ
面接の前に面接力を測定できます!

SPI対策1500問
絶対に対策しておきたいSPIの無料問題集です!

ES自動添削ツール
コピペした文章をAIが添削して、受かる文章に作り直します!

時事問題テスト(毎月更新)
毎月のトップニュースをテストで確認できます!

【就活を始めたばかりの人おすすめ!】

AI自己分析ツール
準備不要!たったの3分3ステップで自己分析ができます!

AI適職診断ツール
あなたにピッタリの職業が知れる診断です!

人の健康を支える上で、大きな役割を果たしているのが製薬会社です。

昨今健康に関するニュースが度々報道される中で、そういった製薬会社に興味を持たれた学生さんも多くいるのではないでしょうか?

今回は製薬会社に興味を持たれている学生さんに向けて、製薬会社の概要やインターンシップの傾向などをお伝えしようと思います!

製薬会社の職種例

それでは早速ですが、皆さん製薬会社にはどの様な職種が存在しているかご存知でしょうか?

製薬会社には多くの職種が存在しますので、まずは職種の方から説明していきたいと思います。

職種例

医薬情報担当者(MR)

MR(Medical Representative)は製薬会社のフロントラインを担当する重要な役職です。主に自社薬品の情報や効能をお医者さんなどに伝えたり、薬のフィードバックを現場から貰い企業に伝えるなど企業とお医者さんや薬剤師さんとの接点を担います。お医者さんや薬剤師さんと、長期的な信頼関係を築く能力や専門家達とコミュニケーションが取れる医学的知識が求められます。

研究職

彼らは新しい薬の研究・作成を担います。しっかりとした科学的知識と専門性が求められる一方で、成果を出すまでには長い時間がかかるため忍耐力も必要です。

開発職

開発職は、研究で見つけ出された新薬の安全評価の役割を果たします。臨床試験などを行い新薬の安全性を確認します。開発職には高度な専門知識とプロジェクト管理能力が求められます。

薬事

薬事は製薬会社で、法規制に関する重要な役割を果たします。自社製品が法律や規制に適合していることを証明するための、関連する書類の作成や管理などを行います。その為詳細な法律知識と対応力が求められます。

生産

生産は、開発された薬品の生産、品質管理や品質保証などを担います。その為薬品を高品質のまま、消費者に届ける上で大切な役割を果たしています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

いかがでしょうか?

興味のある職種はみつかりましたか?

勿論、上記以外にも製薬会社には様々な職種が存在します。

製薬会社への志望度が高い方は、一度職種を色々調べてみるとより就活の方向性も考えやすくなるかもしれません。

製薬業界の労働環境

続いて、製薬会社の労働環境についてお話していきます。

特徴としては、以下の3点が挙げられるでしょう。

給与水準は高め

製薬業界は一般的に高い給与水準を持つとされます。特に研究開発や医薬情報担当者(MR)などの、専門的な知識や技術を必要とする職種では高い給料が見込めます。また福利厚生も充実している傾向にあります。

業界として安定性がある

少子高齢化の進行などで、薬品の需要は高まっており少なくとも向こう数十年は業界としては安定性があると言われています。また市場の発展も十分に見込め、魅力的な業界の一つであると言えます。

MRはハードワークが基本

MRは医師や医療機関を相手にした活動を行うため、少し特殊な働き方となる場合もあります。医師は忙しいだけでなく、専門的な知識を持つプロフェッショナルであるため、それに見合った専門性の高い情報を提供することが求められたり、医師の空き時間によっては一般的な労働時間外での対応も生まれるケースも存在します。また転勤やキャリアプランの少なさも言われており、年齢が上がってもずっと現場にいる事も珍しくは無いようです。

MRに関しては、一部働き方が独特な部分もありますが、給与水準や業界の安定性などが魅力的で労働環境という側面でも例年学生さんからの人気が集まっています。

製薬会社の採用事情

次に、皆さんが一番気になるであろう製薬会社の採用事情に関してみていきましょう。

職種例では理系職種が多くみられましたが、実際の所理系は有利なのでしょうか?

詳しく解説していきます。

理系が有利?

製薬会社では、特に研究開発や生産関連のポジションでは科学的な知識と技術が直接的に仕事の質に影響を与えるため、生物学、化学、薬学などの理系のバックグラウンドを持つ人材が有利とされています。また営業系職種としても、扱うものが薬で相手がお医者さんという点からも、既に対象学問を学んできた理系学生さんを好む製薬会社さんも存在します。

文系の方が内定を取るには

しかし、製薬会社では理系職だけが全てではありません。MRを文理不問で採用している企業も多く存在しますし、マーケティング、人事、法務など製薬会社には多くの職種が存在しています。これらの役割では、コミュニケーション能力、ビジネスセンス、法的知識など、文系のバックグラウンドから得られるスキルが重要となる事も大いに考えられます。

したがって、文系の学生さんが製薬会社で内定を得るためには、自分の持つスキルや知識をどう活かせるかを考え、それを明確に伝えることが重要です。

他の業界にも目を向けておこう

製薬業界は学生さんから人気が集まる業界のため、絞るのでは無く出来たら他の業界にも目を向けてはおきましょう。技術系を見ている学生さんはエンジニアリング、IT、エネルギーなど、他の技術重視の業界でのチャンスも豊富にあります。また、文系の学生にとっても、金融、広告、教育など、多様なスキルを活かせる業界が存在します。

就活の結果が一通り出てから行動すると、既に募集を締め切っている企業も多く存在するでしょう。

そのため製薬会社のどういった部分を魅力に感じているのかを言語化し、その類似業界もなるべく受けておけると良いかと思います。

製薬会社のインターンシップ

ここまで製薬会社の概要や事情を見てきましたが、次はインターンシップに関してお話していきたいと思います。

製薬会社インターンシップの特徴

製薬会社のインターンシップ(1day仕事体験)の特徴としては、以下の3点がありました。

短期のものが多い

形式としては、1day仕事体験や短期インターンシップというような短いものが多かったです。

短期のものが多いという事は参加出来る企業数も増えるかと思いますので、なるべく1day仕事体験や短期インターンシップで様々な企業について深く知る様にしましょう。

MR職向けが多い

勿論他の理系職のインターンシップも開催されていましたが、傾向としてはMR職向けのものが多くみられました。

特に文系の方はMRで内定を目指す方も多いかと思いますので、積極的に参加していきましょう。

インターンシップも人気

そしてこちらは業界の傾向とも同様ですが、やはりインターンシップ段階でも人気が集まる様でインターンシップ選考に向けて入念な対策が必要になるでしょう。

また製薬会社を強く志望されている人は、1day仕事体験やインターンシップに応募する企業の母数も前もってしっかり準備しておきましょう。

対策のやり方や企業探しでお困りの方は、らくらく就活ではインターンシップ情報の提供や選考対策を行っておりますのでお気軽にご相談頂けたらなと思います。

健康を支える製薬会社

ここまで製薬会社に関して説明してきましたが、いかがだったでしょうか?

自分の知り合いでも製薬会社に勤めている子がいますが、やはり人々の健康を支える業種という事でとてもやりがいがあるようです。

しかし、人気業種で選考倍率の高さも考えられますので、インターンシップに参加して詳しい情報を得たりとしっかり対策をして内定を目指していきましょう!

ABOUT ME
yamazawa
大学時代よりらくらく就活運営者の長期インターンシップに参加。大学卒業と同時に同社に入社し、現在はらくらく就活のメディア編集者として働いています。
 
早押しクイズで楽しく面接対策
 


LINEで友だち追加するだけ!