fbpx
インターンシップ

マスコミ業界でのインターンシップと選考突破方法を徹底解説!

おすすめの選考対策 ツールランキング

ES自動作成ツール
質問に答えるだけで、誰でも受かるESが作れます!

面接対策早押しクイズ
面接の前に面接力を測定できます!

SPI対策1500問
絶対に対策しておきたいSPIの無料問題集です!

ES自動添削ツール
コピペした文章をAIが添削して、受かる文章に作り直します!

時事問題テスト(毎月更新)
毎月のトップニュースをテストで確認できます!

【就活を始めたばかりの人おすすめ!】

AI自己分析ツール
準備不要!たったの3分3ステップで自己分析ができます!

AI適職診断ツール
あなたにピッタリの職業が知れる診断です!

マスコミ業界はキラキラしたイメージを持つ学生も多く、倍率の高い業界の一つになります。

またマスコミ業界の中でも扱うメディアは企業によって様々で役割も異なります。

そこで今回は、マスコミ業界にはどんな種類のメディアがあるのかやインターシップに関するポイントを徹底解説していきます!

まずはマスコミ業界の概要について説明していきます!

マスコミ業界とは

集団

マスコミ業界とは、情報やニュースを広く伝えることを目的とした業界です

具体的には新聞、テレビ、オンラインメディア、広告など様々な媒体を通じて情報流通の手助けをしています。

ここでマスコミ業界の役割を一度確認しておきましょう。マスコミ業界は、以下のような重要な役割を果たしています。


  • 情報の伝達

社会の出来事やニュースを伝え、人々が正確な情報を得ることができるようにする。

  • 意見の発信

社会問題や議論を提起し、公共の意識や意見を形成する。

  • 広告・宣伝

商品やサービスを紹介し、消費者が情報を得ることで経済活動を活性化させる。

  • エンターテイメント

映画、ドラマ、音楽などのコンテンツを提供し、人々の心を癒やす。


次に、何かと話題となるマスコミ業界の現状と将来性について考えてみましょう。

近年、インターネットの普及により、オンラインメディアが急速に発展し、新聞や雑誌の紙媒体の存在が次第に薄れてきています。また、SNSや動画配信サービスの台頭により、情報伝達の形態も大きく変化しています。

このような状況下で、デジタル化や新たなテクノロジーの活用が業界の新たな可能性を広げていますよ。

例えば、AIやVR・AR技術を取り入れたコンテンツ制作や、ソーシャルメディアを活用したターゲットに合わせた情報発信が増えており、マスコミ業界は変革期を迎えていると言えるでしょう。

マスコミ業界の業種

マスコミ①

そんなマスコミ業界ですが、どの様な業種が存在しているかはご存知でしょうか?

下に業種例を記しておきますので、自分はマスコミ業界の中でもどんな業種に興味があるのか明らかにしておきましょう。

業種例

テレビ

テレビ業界は、情報、ニュース、エンターテイメントを一体的に提供する主要なメディア。そして公共放送、民間放送、衛星放送などさまざまな形態が存在します。またプロデューサー、ディレクター、カメラマン、アナウンサーなど多様な職種が存在し成り立っています。

制作会社

制作会社は、テレビ番組、映画、CM、音楽ビデオなどの制作面を支えている企業。そのためクリエイティブな職種の人材を多く抱えています。例えばディレクターやプロデューサー、編集者、撮影スタッフなどの職種が存在し、それらの人材が協力する事で作品を世の中に輩出しています。

芸能事務所

芸能事務所は、主にアーティストやタレントのマネジメントを担当。詳細にはスカウト、育成、ブッキング、プロモーションなど、タレントのキャリアをサポートする役割を果たします。

マーケティング会社

マーケティング会社は、商品やサービスの市場調査、戦略立案、広告プランニングなどを行います。目的としては顧客のニーズや市場のトレンドを分析し、それに基づいて最適なマーケティング戦略を策定し顧客の利益向上を目指します。

マスコミの職種

次は職種に関して考えていきましょう。

マスコミにはさまざまな職種が存在します。

以下に業界ごとの主要職種の例を業務内容と一緒に挙げますので、どの業界と職種に興味があるのか考えてみてください。


  • 新聞・雑誌

記者: ニュースや記事の取材・執筆を行う。

編集者: 記事の内容や構成を編集し、質の高い出版物を作成する。

写真家: ニュースや記事に関連する写真を撮影し、視覚的な情報の提供をする。


  • テレビ・ラジオ

アナウンサー: ニュースや番組を進行し、視聴者・聴取者に情報を伝える。

ディレクター: 番組の企画・制作・演出を行い、視聴者に魅力的なコンテンツの提供する。

プロデューサー: 番組制作の全体的な管理・運営を行い、チームをまとめる。


  • オンラインメディア

WEBライター: ウェブサイトやブログの記事を執筆・編集し、ユーザーに情報を提供する。

SNS運用担当者: SNSを活用して情報発信やプロモーションを行う。

動画クリエイター: 動画コンテンツの企画・撮影・編集を行い、オンライン上で配信をする。


  • 広告・PR

コピーライター: 広告やプロモーション用のキャッチコピー・文案を作成する。

クリエイティブディレクター: 広告キャンペーンやデザインの全体的な方向性を決定し、企画を進行させる。

広報担当者: 企業や団体の情報発信を行い、ブランディングやイメージの向上に努める。


これらの職種以外にも、営業やマーケティング、技術職など多岐にわたる職種がありますので、インターンシップに参加する前に企業情報をしっかりと確認しましょう。

マスコミインターンシップの特徴

マスコミ業界の概要を振り返った所で、次はインターンシップについて見てみましょう。

上記の事からも分かる様にマスコミ業界は多岐にわたる分野を扱っており、学生にとってインターンシップ参加はとても貴重な経験となります。

そしてインターンシップに関しては、マスコミ業界も他の業界と同様に長期と短期の2種類存在します。

早速、それぞれの特徴を詳しく見ていきましょう。

※マスコミ業界といっても、様々な業種や職種が存在しているためあくまで大枠の傾向として参考にしてくださいね!

長期インターンシップの特徴

長期インターンシップは、数ヶ月から半年程度の期間で実施されることが一般的。このタイプのインターンシップでは、実際に業務を担当しながら、業界の実情や仕事の流れを学ぶことができます。

またマスコミはクリエイティブ系の職種が多く、人事の方もその職種との適正を大切にしています。その為長期インターンシップで実際に希望する職種で長期間の経験を積み、適正がある事を選考でアピールする事は大きな評価ポイントとなります。
ですので、希望職種の長期インターンシップの募集があれば積極的に応募していきましょう。

しかし、クリエイティブ系の職種は長期インターンシップの募集が多くはありません。そういった中でWEBライターの募集は多く行われている為、マスコミに触れるという点では一旦WEBライターを経験してみるのも良いかもしれません!

1day仕事体験・短期インターンシップの特徴

1day仕事体験は1日完結型、短期インターンシップは数日程度の期間の実施。
実務経験は得られない場合もありますが、業界や企業の雰囲気を掴むことができるため、幅広い企業や職種を調査する際に適しています。

特にマスコミは職種や分野が多岐に渡る為、マスコミという業界に興味はあっても関わりたい媒体や職種が明確に決まっていない方は1day仕事体験や短期インターンシップで多くのマスコミ企業について知ってみる事がオススメ。

形式としては説明会型、就業体験型、グループワーク型などがあります。

説明会型

説明会型では、企業内部の方から実際の業務内容や企業文化や雰囲気をお聞きすることができます。
少しでも興味がある企業であれば、話を聞いて損はありません!

就業体験型

実際に1〜数日間、業務を体験することができるプログラム。

説明会型より開催している企業数が少なく、参加に選考が設けられていることが多いため、選考に向けた事前準備が必要になります。
参加のハードルは少し高いですが、業務を経験することで短い期間で自分の適性や興味の再確認ができるため非常に人気が高いです。

グループワーク型

参加者でグループを作って、企画立案や、提示された課題の解決に取り組むプログラム。
他の参加者と協力することや、社会人のチームワークを意識することができます。

いかがでしょうか。
自分に合いそう、参加してみたいという形式のものは見つかりましたか?インターンシップや1day仕事体験はテレビや雑誌、広告などの分野で分けても多岐にわたるため、自分の関心に合わせて参加してみましょう。

また人気のインターンシップや1day仕事体験には、参加のために選考を突破する必要があります。

特にマスコミは人気の業界のため、徹底的に準備をして選考に臨みましょう!

マスコミインターン(1day仕事体験)の選考突破のポイント

マスコミ業界のインターンシップは競争率が高く、選考を突破するためには”より”企業研究と自己分析が重要なポイントとなります。

企業研究の徹底

企業理念やビジョンの理解

 企業の理念やビジョンを把握し、それに共感できるかどうかを自問自答することが重要です。これにより、選考時に企業との相性や志望動機を明確に伝えることができます。

事業内容と市場状況の把握

企業がどのような事業を展開しているか、市場の動向や競合状況を理解することが大切です。これにより、選考時に自分がどのように貢献できるかを具体的に示すことができます。

企業のニュースや業績のチェック

企業の最新ニュースや業績をチェックし、選考時に話題にできるようにしておくことが有益です。これにより、企業に対する関心や熱意をアピールできます。

自己分析の徹底

強みと弱みの把握

自分の強みと弱みを正確に把握し、選考時に強みをアピールし、弱みを克服する方法を考えることが重要です。これにより、自己PRが効果的になります。

これまでの経験とスキルの整理

自分がこれまでに経験したことや習得したスキルを整理し、それがマスコミ業界でどのように活かせるかを考えることが大切です。これにより、選考時に自分の適性や価値をアピールできます。

キャリアビジョンの明確化

マスコミ業界でのインターンシップなどを通じて、将来どのようなキャリアを築きたいかを明確にしておくことが重要です。これにより、選考時に自分の意欲や目標を伝えることができ、企業側にも好印象を与えることができます。

らくらく就活では、インターンシップや1day仕事体験のお探しから選考対策までトータルサポートしております。

インターンシップに関する情報はらくらく就活にお任せください!

マスコミ業界で内定を目指そう!

繰り返しにはなりますがマスコミ業界には様々なメディアや職種が存在します。そのため採用を勝ち取るためには、マスコミ業界の中でもどのメディアにどのように関わりたいのかという思いを明確にする事が重要です。その明確度を上げるために企業研究、自己分析、そしてインターンシップ等への参加がとても大切になります。

是非企業研究と自己分析をおこないある程度の興味・関心が絞れてきたら、インターンシップなどに参加してみてください。

ABOUT ME
yamazawa
大学時代よりらくらく就活運営者の長期インターンシップに参加。大学卒業と同時に同社に入社し、現在はらくらく就活のメディア編集者として働いています。
 
早押しクイズで楽しく面接対策
 


LINEで友だち追加するだけ!