就活基礎知識

留学経験は不利なの?有利なの?巷の噂を徹底検証!!

海外での経験や語学を学んだ努力は、就活でアピールポイントになる。
なんなら、
留学経験が無いと大手では不利になる…?

他方で、留学経験を自己PRに持ってくると不利になる
と言う話もあります。

「え、どっちなの?
留学経験あったほうがいいの?
無いほうがいいの?はっきりしてよ!」

と言うのが、
就活生の本音では無いでしょうか。

今回は、「留学経験と就活」をテーマに、
問題を検証したいと思います!

留学経験は不利になるのか

文部科学省が官民協働で実施している「トビタテ!留学JAPAN」が、2017年6月に企業の採用担当412名と大学生721名を対象に実施した「就職活動と留学に関する意識調査」によると、留学経験のある人材を積極的に採用したいと考える企業の採用担当は62.1%にのぼることがわかっています。

また、留学のための休学や留年について、採用時にマイナス評価しないと答えた企業は75.3%、留学経験が仕事で役立つと考える企業は80.4%となっています。さらに、「大学時代に留学は経験したほうがよいと思うか」という質問には、実に84.4%もの企業の採用担当者が「留学はしたほうがよい」と答えています。
出典元:「トビタテ!留学JAPAN」ニュースリリース

ではなぜ留学が不利と言う噂が立つの?

8~9割近くの企業の採用担当者が留学について好意的。

これは「留学経験が不利」というよりも、
「アピールの方法によっては、
留学で得た知識や経験が正しく評価されない場合もある」ということです。

たとえば、
「語学力が身に付いた」
「日本との価値観や習慣の違いがわかった」といった
ざっくりしたアピールしかできなかったら?

これだと、
「なんのために留学してきたの〜」
って人事も思います。

Q.そういえば、英語(語学)は武器になるの?

A.いいえ。

ここでの武器にはあまりならない
と考えて置いたほうが良さそうです。

どうしてか?

できて当たり前だからです。

ちょっときついことを
言ってしまったかもしれません。

確かに、英語のスキルを高めたいから
留学にいくというのもありますよね。
なんなら、
多くの人が留学の動機として言う事でしょう。

ただ、面接の場だと武器にはなりません。

留学に行った=英語力が高くなっているのは当たり前
という人事の脳内変換が起きている可能性大。

要するに、

結構期待値高めな上に自慢して大丈夫…?
ということです。

だってできる前提なんですから!!

まずそれを示すには資格や検定の結果。

TOEIC、TOFLE、IELTS(英検…?)

人事はスコア提出であなたの英語力を見るわけですから、
TOEIC700-800を期待されていると

思ってもいいかもしれませんね…。
自慢するのは800以上取れてからにしましょう。

うまく自己PRさえ作れば

武器になる就職活動の際に
人事は英語や語学のレベルの確認をすると共に、
なぜ留学すると決意したのか、
何を学んだのか、
また、自分が選択した道でどのような成長を遂げたのか、

あなたにどれくらい成長する力があるのかがなどを
知りたいと考えている方が多いと思います。

留学を就職に生かすためには、
語学以外のことで自信を持ち質問に受け答えするよう
今まで経験した些細な事でも思い出し、
アピールできるように準備をしてください。

留学を有利にするにも、不利にするにもあなた次第。

短期留学の扱いは?

面接時の自己PRとしては、
言っても問題はないでしょう。
1ヶ月程度の短期留学や語学研修でも、
自己PRの材料として活用できる可能性はあります。
その際は、留学期間に囚われず留学の目的意識や学びを伝えましょう。

重要なのは、留学期間が長いか短いかではありません。
「なぜ留学をしたのか」という明確な目的意識と、
そして最終的に何を身に付け、それを今後どう活かそうと考えているのか。

留学経験者は、エントリーシートや面接で上記の内容を伝えることが大切です。
留学期間が短くても、あるいワーキングホリデーであっても、
目的意識と学び・成長の過程を具体的に語ることができれば、
留学経験は就活において大きな武器になります。

留学してないと不利なの?

そう言うわけではありませんよ!
留学は経験として、
良いアピール材料になります。

しかし、
材料を生かすも殺すも本人次第。

裏を返せば
他に良い材料をうまく生かせれば、
不利にはならないと言う事です。

人事は自己PRで何を見てるか

・思考力
「物事に対してどれだけ深く考え、それをどのように行動に移すのか」という観点は仕事においても重要です。
モノを売る・アイデアを考えるといった全ての業務に通ずる思考力をみています。

・モチベーション
個々人のモチベーションはどの取組にも通ずる部分があり、ガクチカにおけるモチベーションやそのきっかけは仕事にも共通すると考えられるからです。

・人柄
企業側は「より自社にマッチしている人材と働きたい」と考えており、その人の根底にある人柄(性格・価値観)が「企業の社風・ビジネスモデル」にマッチしているかどうかを、採用する上で判断しているためです。

大まかにはこの3点を気にかけ自己PRを作れば良いと考えられます。

要するにこれさえ守っていれば、
素材はなんでもいいと言う事。

留学で得られる学びも多い。
でもそれだけじゃ無い。
留学した事ある人でも、
留学を自己PRに持ってこなくて成功した人だっているはず。

だから、
何かの経験が無いと落ちる!!

みたいな確証はどこにも無いのです。
しっかり自分が経験した素材を
生かす自己PRが書けると言うことが一番大切なので、
それを忘れずに
自己PR書いていきましょう。


LINEで就活相談ができる
らくらく就活の公式LINEはこちら